株式会社ベガ代表取締役社長、富塚加奈子に突撃インタビュー

はじめに

福岡県福岡市の企業株式会社ベガ。

ベガに関わる人々が、自立した生き方を出来るように支援している会社です。

今回は、株式会社ベガの代表取締役社長である富塚加奈子さんにお話を伺いました。

ベガはどんなことをされている会社ですか?

株式会社ベガは「自然と私たちの調和」という会社理念のもと、環境・健康・美を軸とした事業に取り組んでいます。
「化粧品事業」では、化粧品・健康食品・洗剤・電解水生成器などを販売しており、天然原料や素材にこだわり、美と健康をサポートできるような商品を日々研究、開発しております。
その他にも、環境負荷軽減への取り組みとして「次世代エネルギー事業」、暮らしと街づくりの未来を考える「不動産事業」も行っております。

会社を起こしたきっかけは何だったのでしょうか?

25歳で経営者になるというのが最初の夢でした。ただ、何をするかは全く決めていませんでした。起業したいという気持ちが固かっただけに、目標の年齢まで後一年になった時、経営者になるということ以外何も決めていないことにとても焦りました。
そこでまずノートの右ページには好きなこと、興味があることを書き出し、左ページには苦手なこと、嫌いなことを思いつくままに書いてみました。そうしていく中で、客観的に自分の心の声が見えてきて、「女性がいつも美しくあることにこだわりたい。そして女性が前に進むうえでの何かのきっかけ作りをしたい」、そして「女性が美しく自信が持てるようなお手伝いをする」ことを目標にする事に気持ちがまとまり、25歳の時に現在に繋がる会社を起こしたのです。

経営者として活躍する中で、印象に残るエピソードを教えてください

25歳で経営者となりましたが、当時数少ない若い女性が経営をするためには時には強い自分を演出することが必要でした。壁を乗り越えながらも過労で体を壊すこともありました。
その中で大きく自分の生き方を変えたのは、30歳で旅立った二つ目の夢でもある、世界1周旅行の滞在先の1つであるメキシコから見た雄大な風景です。ピラミッドの上から見た果てしなく広がるパノラマをみて、自分の小ささを感じずにはいられませんでした。
ある恩師に言われた「メキシコのピラミッド文明には信じるという言葉は存在しないんだよ。今が幸せなら未来を信じる必要がないんだから。」という言葉が染み入り、強くいるために弱さを隠す後ろ向きな姿勢ではなく、内面を充実させることが大事だと気付くことができました。

仕事の中で大事にしていることはなんですか?

こだわり続けているのは“あり方”と“やり方”です。起業した時に掲げた自身の目標を会社の“あり方”とするなら、その“あり方”を実現するためには、それにあった“やり方”があると思っています。女性のため、人のためという事が私の目的でしたので、それを逸脱した“やり方”で結果を得たのでは意味がないことになってしまうと思い、「人として“感謝の気持ち”を持って行動すること」、「そのためにどう動いていくのかを常に考える」など、感性を磨き人として当たり前のことから始めることを大切にしています。
そしてこの思いが、会社理念にも掲げている「自然と私たちの調和」に繋がっていると思います。

今後、どのようなことに取り組まれていきたいですか?

一番大事にしたいのは、これから出会う人たちが幸せになること。起業した時に思った「女性がいつも美しくあることにこだわりたい。そして女性が自立に向けて前に進むうえでの何かのきっかけ作りをしたい。女性が美しく自信が持てるようなお手伝いをする」ことをベースに、次に出来ることは何なのか、自分自身で常日頃から考えながら、社員と共に毎日の仕事に取り組んでいます。
心の健康、体の健康、経済の健康を大切にしながら、新しい商品の開発にも取り組んでいるので、これからのVEGAにも、期待して頂けると嬉しいです。

会社概要

社名 株式会社ベガ
所在地 〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-3-1
代表取締役社長 富塚加奈子
事業内容 化粧品・石鹸・洗剤・健康茶・健康食品・清涼飲料水・電解水生成器(家庭用医療機器)等の販売
賃貸マンション事業
女子学生専用マンション運営
太陽光発電(メガソーラー)事業

 

The following two tabs change content below.

  1. ラクフル株式会社
  2. 五条俊明
  3. 梶原隆司
  4. 高瀬孝司弁護士
  5. 白井名留
PAGE TOP