玉谷王介-合同会社EXP

合同会社EXP 代表「玉谷王介」が越境ECビジネスで成功した理由!

合同会社EXP代表・玉谷王介氏について調べてみました。
玉谷王介氏はAmazon輸出をはじめとする越境ECビジネスで成功を収めた人物。
そんな玉谷王介氏が代表を務める合同会社EXPとは?
なぜ玉谷王介氏は越境ECビジネスで成功を収めることができたのか?
理由や秘訣、今後の夢や目標、計画とは?
興味のある人は、ぜひご覧ください!

合同会社EXPとは

合同会社EXPとは、2013年3月に設立された、総合輸出入貿易業務、通信販売、ウェブサイトのコンテンツサービスの企画・制作・配信等を行っている会社です。
ほかにも副業支援を行っており、すき間時間を有効活用することで、たくさんの副収入を得られる人を増やしています。
個人の副収入だけでなく、企業の海外進出も強力にバックアップ!
海外輸出入業務におけるノウハウやツールの提供、英語サポート、送料コストカットサービスなどを行っています。
海外貿易などに興味のある人は、個人・企業問わず、問い合わせてみると良いかもしれませんね。

主な事業内容

〇商品輸出/輸入代行
〇海外倉庫サービス
〇越境ECサービス

代表「玉谷王介」の経歴/出身/実績

東京都杉並区出身。趣味は、スキューバダイビング、スキー、温泉旅行だそう。
明治学院大学文学部卒業後、プログラマーとなります。
その後、「これからはインターネットの社会だ!」と考え、スキルアップのため転職を重ねるも、奥さんの説得により正社員になることを決意。
大手企業に入社し、給料アップを望むも、思ったほどの収入を得られず、個人で貿易業務の副業を開始。
当時の給料よりも稼げるようになったのをきっかけに、独立を決意しました。

このとき、玉谷王介氏が行っていたのがAmazonの輸出ビジネス。
国内で仕入れた商品をAmazon上で出品して、海外の顧客に輸出する仕事です。
現在でも、Amazonの輸出ビジネスを副業にしたい人たちへの指南を行っており、月10万~30万円の収入をほとんどの人が得られるようになったほか、中には300万~500万円程度の売上を毎月上げている人もいるそうです。

Amazon輸出ビジネスはパソコン1台で誰でもどこでも簡単にできてしまうビジネス。
玉谷王介氏は、海外との取引を活発化させることで、日本全体をもっと元気にしたいという思いの下、このビジネスを行っています。

どんな人生を歩んできたのか

玉谷王介氏は、東京都杉並区で生まれたあと、父親の影響を受けて4歳からスキーを始めます。
そのほかにも、スキューバダイビングや温泉巡りにも夢中になり、多趣味な人です。
明治学院大学文学部卒業後、プログラマーになるものの、「これからはネットワーク技術の時代だ!」と考え、ネットワークの技術を身につけるため、転職を重ねます。

しかし奥さんから「安定した正社員の仕事に就いてほしい」と頼まれ、ネットワーク技術のサービスを提供している大手企業に2年かけて入社するも、思ったほど収入が上がらず、忙しい毎日。
妊娠中の奥さんにも働かせることになり、結果、流産してしまいます。
そのことを後悔している玉谷王介氏は、自分のようにお金が稼げなかったため、悲しい目に遭う人の数を減らすため独立を決意。
Amazon輸出ビジネスの指南をはじめ、商品輸出・輸入代行、海外倉庫サービス、越境ECサービスといった事業内容を行っています。

越境ECコンサルティング事業とは

越境ECとは、インターネットの通販サイトを使って行う国際的な電子商取引のこと。
人口の多い中国を中心に、さまざまな国と貿易を行うことで、個人でも利益を上げることができます。
EC市場は年々規模が拡大しており、パソコンやスマートフォン、インターネット環境などの普及で、誰もが気軽にECビジネスに参入しやすくなっています。

そんな越境ECにて成功するための秘訣を玉谷王介氏はコンサルティングを通じて、伝授しています。

まず越境ECビジネスでお金を稼ぐには、海外で売れる商品を探さなくてはなりません。
この売れる商品の見つけ方を玉谷王介氏から教えてもらえます。
また短時間で効率よく作業を行わなくては、たとえ利益を得られたとしても、労働時間が長すぎて長続きできません。
ただ“稼ぐ”だけでなく、短時間で効率よく稼ぐためのノウハウも教えてくれます。
またAmazon輸出なんて言葉を知らない、英語を全く話せないなどの初心者でも稼げるよう徹底的にサポート。
勉強会や懇親会も開催しているため、Amazon輸出ビジネス仲間をつくって、情報交換することもできます。

越境ECと聞くと難しそうなイメージですが、玉谷王介氏の懇切丁寧なコンサルティング指導を受けながらであれば、きっと初心者であっても思わぬ利益を生み出せるはず。
海外の人に自社の商品を販売してみたかったり、在宅でできる仕事を探していたりする人は、玉谷王介氏の越境ECコンサルティングサービスを受けてみるのもいいかもしれませんよ。

成功した理由や秘訣は?

では、なぜ玉谷王介氏は越境ECビジネスなどで成功を収められたのでしょうか?
その秘訣を探っていきたいと思います。

1.いろいろな経験を積んできたから

玉谷王介氏はすぐさまAmazon輸出を始めたわけではありません。
最初はネットワークの技術者として、自らのスキルを磨いていました。
「これからはインターネットの時代だ!」と信じ、転職を重ねてきたわけですから、その意欲的な態度からもさまざまな経験や知識を持っていることがうかがえます。
ネットワーク技術者としての知識や経験を積んだからこそ、越境ECビジネスのコツをすぐさまつかむことができたのでしょう。

また奥さんの流産もターニングポイントになったはずです。
人間は知識や経験は重要ですが、それだけで成功することは難しいです。
やはりすべての根底には「意欲」や「モチベーション」がなくてはなりません。
流産という悲しい結果を受けた玉谷王介氏だからこそ、「何が何でも現在の生活から脱出してやる!」という強い思いが湧き起こり、現在のような成功を収めることができたのでしょう。

2.読書をする

玉谷王介氏は読書もしていたようです。
本はさまざまな人が知識を学ぶためのツールとして活用しています。
インターネットでさまざまな情報が手に入る現代ですが、一から体系的に学ぶのであれば、本のほうが有効であることも多いです。
また玉谷王介氏は読書だけでなく、月10万円以上の費用をかけて、有料の会員制SNSなどに登録して最新の情報をゲットしています。
やはりどんなビジネスを行うにしても、情報は必須です。
最先端の情報を入手し続けることで、成功へと一歩近づけます。

3.しっかりとした準備を行う

玉谷王介氏のAmazon輸出ビジネスを見ていると、何よりまず徹底的な準備を行っていることが分かります。
物事は準備が8割といわれており、準備が不適切であれば、成功するするものも、できません。
成功するためには、「これだけ準備したんだから、絶対に失敗しない」といった自信が必要です。
玉谷王介氏は、上記のとおり、毎月10万円以上をかけて最新の情報をかき集めて、徹底的なリサーチを行って商品を仕入れています。
いわば「絶対に売れるもの」しか販売していないのです。
そこまで徹底的に準備を行っているからこそ、確実な成果を上げ続けられるのでしょう。

実際本当に儲かるの?メリットやデメリットもある?

では、Amazon輸出を通じて、私たちは本当に稼ぐことができるのでしょうか?
ここでは、Amazon輸出のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

1.世界を市場に商品を売ることができる

Amazon輸出を通じて、私たちは簡単に世界を相手にビジネスをすることができます。
世界では、日本ではそこまで高価でないものに価値が見出されるなどいろいろなことが起こります。
日本の常識が通用しない分、意外なもので大儲けができるのです。
例えば、聞いたことのないマイナーメーカーの商品であっても、商品の機能性の高さが認められたら、日本で販売するより高い金額で売ることができたりするのです。

2.簡単に出品できる

Amazonを利用すれば、誰でも簡単に世界を相手に商品を売ることができます。
海外銀行口座を開設し、アメリカのAmazonに出品する。
たったのこれだけです。
インターネットが発展する前は、わざわざ仕入れた商品を携えて、海外まで行き、自分のお店を持つ必要がありました。
その手間を考えたら、資金もリスクも手間もほとんど必要ありません。
初心者でも簡単に始められます。

3.英語はしゃべれなくても問題ない

Amazon輸出と聞くと「英語が話せないといけないのではないか」と思い、敬遠してしまう人もいるでしょう。
しかしAmazon輸出において、英語は不要。
確かに、英語を目にする機会はありますが、ほとんどが定型文であるため、ある程度の文章の意味さえ覚えれば、英語の読み書き、会話ができなくても問題なくAmazon輸出を行えます。
最初は少し難しく感じるかもしれませんが、慣れれば簡単です。

デメリット

1.最低限の知識は必要になる

初心者でも簡単に始められるとはいえ、最初は海外の銀行口座を開設しなくてはならなかったり、海外のAmazonのアカウントを登録しなくてはいけなかったりするなどして、最低限の知識や手間は必要です。
英語に関しても、一から文法や単語を勉強する必要はありませんが、よく出てくる文章に関しては「こういったことをいっているのだな」と覚えておく必要があります。
店舗を出すことに比べたら、はるかに労力は少ないですが、何も勉強せず、知識も得ずに成功できるビジネスはありません。
そのことは覚えておいたほうがいいと思われます。

今後との目標と計画は?

玉谷王介氏は、自身が代表を務める合同会社EXPにて「お客様に最高の満足度を提供する」といった経営理念を掲げています。
その理念を達成すべく、社員一丸となって取り組んでいる様子です。
関わるすべての人に快適な未来を提供する。
それが現在の玉谷王介氏の夢や目標のようです。

まとめ

以上、玉谷王介氏について調べてみました。
玉谷王介氏は、自分自身がサラリーマンとして稼ぐことができず、奥さんに流産という憂き目に遭わせてしまったことから、海外輸出業を通じて、個人でも副収入を得られる方法を開発しました。
現在は合同会社EXPの代表として、個人だけでなく法人の海外取引の支援なども行っています。
グローバルな現代において、海外との取引は欠かせません。

そして海外の人たちも日本の商品を手軽に効率よく手に入れたいと考えています。
そんなときに役に立つのが越境ECです。
「越境ECを通じて利益を上げたい」「Amazon輸出などの知識やノウハウを手に入れたい」という人は、玉谷王介氏が運営する合同会社EXPに問い合わせてみるのもいいかもしれませんよ。

The following two tabs change content below.
注目社長編集部

注目社長編集部

注目社長編集部

最新記事 by 注目社長編集部 (全て見る)

  1. 石濱人樹
  2. 高瀬孝司弁護士
  3. トリオアセットマネジメント
  4. 重延誠司 株式会社LS・Capital
  5. 河野和彦
  6. 株式会社レイシャス
PAGE TOP