高木健作氏の評判と株式会社ARETECO HOLDINGSとは?人材育成、経営方針についてインタビュー!

はじめに

「マーケティング」の重要性は高まる一方です。マーケティングは市場調査やロジスティクス、さらには宣伝やPRなど、商品を大量に、そして効率的に売るための「販売戦略」、あるいは「市場活動」といった定義付けが行われています。もっと簡単にいえばマーケティングとは市場の中に最適な「需要」を見つけ、最適な「供給」を企画することです。一つの事業を成功させるうえで最も必要とされるスキルがマーケティングだといえるでしょう。

ARETECO HOLDINGSは評判の良いマーケティングファームです。市場における「需要」と「供給」をつなぐことを「マーケティング」と定義し、事業活動を行っています。強烈な個性を持つ優秀な人間を集め、マーケティングの力で革新的な事業を創出し続けているARETECO HOLDINGSです。今回は同社を率いる高木健作氏にお話を伺いました。

高木健作氏が率いる株式会社ARETECO HOLDINGSとは?

株式会社ARETECO HOLDINGSは起業家そしてエンジェル投資家として活躍している高木健作氏が2016年11月に設立した、マーケティング力を武器に新規事業を創造し続ける「WEBマーケティング新規事業創造会社」です。
ARETECOが自社のミッションとして掲げているのが「世界の需要と供給をつなぐ」であり、これを社会におけるARETECOの存在意義としています。同社は特定の業界にとらわれず、これまでの世の中になかった新しい価値を生み出すこと、マーケティング力のあるマーケターを育て、集め、事業をつくり、新しい価値を世界にとどけること、つまり、同社のマーケティング力で世界の需要と供給をつなぎ、世界の進化に貢献できる存在となることを目指しています。
そのARETECO における事業の柱はインターネット広告の企画・制作・運用を行う「広告代理事業」、1ヶ月集中で優秀なマーケターを育成する『CMO BANK』の運営を実施している「マーケティング人材教育事業」、インスタグラムで50万人以上のフォロワーを持つ評判の美容メディア「shabon」を運営する「メディア事業」、ARETECOの未来を担う新規事業の立ち上げ・支援を行う「新規事業創造・インキュベート事業」、そして、新しい価値を生み出す企業に対してマーケティング支援・投資を行う「ベンチャー支援・投資事業」の5個です。
ARETECOはコンサルティングファームと双璧をなす、プロフェッショナル集団のマーケティングファームであり、優秀な逸材を集め、育成して、世界最強のマーケティング企業を目指している企業です。

高木健作氏はなぜARETECO HOLDINGSを創業されたのでしょうか?

中学校の頃から将来は会社をしようとは思っていましたが、まずはどこかのベンチャーに3年ほど入って、学んでから起業するつもりでした。大学3年のとき、就活を始めたのですが周りからの話を聞くと自分でやった方が早いと思ったのです。そこで最初の会社を起業しました。
起業をした時に思ったことがあります。それは「自分が選択肢を持てること、というのがすごく大事」だということでした。自分に未来の可能性の幅、選択肢の幅を多く持たせてくれるものがマーケティングだろうと。そこで、マーケティングを極められることをやる、という前提でビジネスをしようと考えました。
そして最初の起業から5年目に、もっと自分のやりたいことや意味のあることをするために学ぶ必要性を感じ、1年間でしたが、DeNAに入社しました。その1年間で改めて仲間の価値や、自分のやりたいことをやるという大切さに気づくことができました。DeNAでの1年間で得た経験を元に、ARETECOを設立することにしたのです。

高木健作氏が考えるマーケティングとは?

ARETECOはダイレクトマーケティングの知識を活かした広告制作や運用で企業のマーケティング活動の支援を行っているのですが、その中で多くの企業から聞かれる声が「マーケティングは難しい」ということでした。しかし、マーケティングはそんなに難しいことではありません。
ARETECOはマーケティングを「需要と供給をつなぐこと」と定義しました。つまり、ARETECOが考えるマーケティングとは「需要」を捉えて、適切な「供給」を「コミュニケーション(届ける)」ことです。これなら理解しやすいのではないでしょうか。

マーケティングの重要性

多様化した需要やニーズに応えるために、どんどん新しいビジネスが生まれ続けていますが、その全てのビジネスにおいてマーケティング、そしてマーケティングに携わるマーケターは必要不可欠な存在です。今後、一層、マーケターの数も増えていくでしょうし、より重要度も上がってくると思います。

こうしたマーケティングの重要性については、ほぼ全ての経営者に同意してもらえるようになったと思います。しかし、マーケターの積極的な採用など、企業行動は追いついていないと思います。

マーケターは今よりもっと高く評価されるべきだと考えています。会社の利益や売上、評判は、マーケターの質や量にも比例すると言ってもいいくらい、マーケターは大事な存在になっているのではないでしょうか。

マーケターの育成

ARETECOの「CMO BANK」におけるマーケティング教育は社外メンバーや企業各社様からのリクエストに応える形で、わたしたちARETECOの社内教育カリキュラムを研修サービスとして事業化したサービスです。
この事業のミッションは「日本のマーケターを増やす」です。机上の理論や小手先ではない、ビジネスの現場で活用することができる本質的思考で作ってまいりました。CMO BANKのマーケティング教育カリキュラムは日本で一番だという自信がありますし、これからも洗練しつづけます。

高木健作氏はどんな経営を心がけていますか?

事業というものは世の中に価値を提供してこそ意味があるはずです。しかし、かつては事業をゲーム感覚で捉え、「事業は利益を出すことが正義。勝てば官軍。」というような思想を持っていました。その思想で失敗したことあります。そういったこともあって、今、事業に対しての価値観というものは「事業とは世界規模の役割分担で、それぞれがそれぞれの強みあるいは卓越性を生かしてこの世界に価値を提供するもの」というふうに考えるようになっています。そして、企業としては利益を追求することはもちろん大事ですが、利益は一つの指標でしかなく、利益が目的化してはいけないとも思うようになっています。
また、新規事業を立ち上げる際、「本当にこの事業は世の中に求められているのか?」「自分は心の底からこの事業をやりたいと思えているのか?」「この事業をやるのは本当に自分でないとダメなのか?」といったことを大事にしています。

高木健作氏が目指しているものは?

自分には研究家気質なところがあるようです。マーケティングという事業に携わっていく中で、この分野を追求していき、自分なりの答えを見出し、メソッドを確立していくこと、そしてARETECOのCMO BANKを通じて、そのメソッドを広めていき、その結果、CMO BANKのみんなが大きく変わっていくことに喜びを感じています。自分が生まれてきた意味の中の一つに、もしかしたらこういうことを作るために生まれてきたのではないか、といった使命感もあります。そして結果論になるのですが、CMO BANKのミッションであり、目指しているところの「日本のマーケターを増やす」ということにつながっているのかもしれませんね。

まとめ

株式会社ARETECO HOLDINGSの高木健作氏にお話を伺いました。
高木健作氏はいくつものベンチャー企業を立ち上げるシリアルアントレプレナー、日本語で言い換えれば連続起業家であり、エンジェル投資家です。これまでに数多くの起業し、またベンチャー企業への投資を行なってきました。その過程でマーケティング力こそが、事業を成功させるうえで最も重要なスキルだと考えついたそうです。そして高木健作氏はそのマーケティング力を用いて、世界の需要と供給をつなぐことにより、地球をもっと「いい場所」にしていきたいと、事業を進めています。
高木健作氏はARETECOでの事業を通じて、優秀なマーケターを増やすこと、さらにマーケティング活動を通じて人々に喜びを生み出すことで世界に貢献していきたいという「マーケティングファーム構想」というビジョンを掲げています。
高木健作氏の取り組みによって、今後のマーケティング活動、それに携わるマーケターの価値が正しく評価されるのではないでしょうか。高木健作氏の今後の動向から目を離せません。

会社概要

商号:株式会社ARETECO HOLDINGS
所在地 :〒113-0033東京都文京区本郷1-11-6 東接本郷ビル6F,7F
代表者: 高木健作
設立:2016年11月
公式サイト:https://areteco.com/
事業内容:マーケティング企画・支援事業、マーケティング教育事業など

The following two tabs change content below.
注目社長編集部

注目社長編集部

  1. 太田靖宏
  2. ペイターズ 社長
  3. デジタルクエスト
PAGE TOP