庄古知久の病院での役割

松戸市立病院には緊急性の高い患者を優先的に受け入れ治療にあたる救命救急センターがあります。ここでは庄古知久氏がセンター長を務めている救命救急センターについてご紹介しましょう。

松戸市立病院の救命救急センターは最近誕生したものと思われがちですが、実は昭和60年に設立された比較的長い歴史のある機関です。もともとは千葉県北西部の東葛地区の救命救急センターとして誕生し、設立以来多くの人を救ってきた実績があります。現在では松戸市民の生命を守るだけでなく、東京葛飾区や江戸川区、埼玉の三郷市など広く患者を受け入れていますし、あらゆる緊急医療を提供しています。地域の救命率を向上させるために何をするべきかということを常に考えている機関でもあり、センター長である庄古知久氏を筆頭にスタッフ全員が日々研鑽を重ねています。庄古知久は救急医学や災害医学、集中治療等を専門としており、救急医学会指導医・専門医や外科学会専門医の資格を所有しています。

救命救急センターで治療を受けることは誰にでも可能というわけではなく救急隊や医師の判断によって行われることが普通です。国によって定められている救急医療システムというものが存在しますから、それによって1次~3次まで分かれています。夜間や休日でも当直医が施設に残っていますから安心ですし、どのようなシーンにも柔軟に対応できるだけの力を秘めているといえるでしょう。これまでに大勢の患者を救ってきた実績がありますし、今後も松戸市民および近郊で緊急医療を必要とする方の心強い味方となってくれるはずです。

松戸市立病院が設置している救命救急センターについてご紹介しました。救急医療は年々ニーズが高まっていますし、同救命救急センターでもより救命率を向上させるためにあらゆることに取り組み、努力を続けてます。

救命救急センターの強み

松戸市やその近郊で暮らす方の生命を守るために松戸市立病院が設立した救命救急センターですが、ここでは同救命救急センターの強みや特徴についてご紹介しましょう。

救命救急センターでは緊急性が高いと判断された患者さんを優先的に受け入れ治療にあたっています。そのための救命救急センターですし、24時間態勢で受け入れと治療を提供しているというのが大きな特徴と言えるでしょう。事故や病気はいつ起こるか分かりませんし、そのようなときにスムーズに受け入れられる体制を整えている機関はどうしても必要となります。同救命救急センターでは24時間態勢での受け入れを行っていますから、真夜中や早朝であっても重篤患者の受け入れが可能となっています。

最先端の医療機器を整備しているというのも強みではないでしょうか。仮にも病院だから最先端の医療機器を備えておくのは当然では?と思った方もいるでしょうが、すべての病院が最先端の医療機器を導入しているわけではありません。救命救急センターでは常に最新の医療を提供して少しでも多くの人を救いたいと考えていますから、あらゆるシーンに対応できるよう最先端の医療機器を導入しているのです。また、東京医科歯科大学救急災害医学臨床教授も務める庄古知久氏がセンター長を務めているというのも強みですし、ほかにも救急医学のエキスパートが揃っているのも特徴と言えるでしょう。

最先端の医療機器を導入しているというのは治療を受ける患者としても安心できる部分ではないでしょうか。また、立派な経歴と実績、バックボーンを持つセンター長やスタッフの存在も心強いですし、24時間態勢の受け入れを行っているのも大きな強みと言えます。

救命救急センターへの感想

24時間受け入れを行っているというのは患者からするととても心強いものではないでしょうか。私もときどき真夜中に体調を崩してしまうようなことがありますが、もしこれがさらに悪化したらと怖くなってしまうこともあります。24時間態勢でしかも最先端の医療機器による治療を受けることができれば、これほど心強いことはありません。私が松戸市民だったとしたら安心して暮らせていると思います。

救命救急センターで働いているスタッフの方々も頼りがいがあると感じました。特にセンター長を務めている庄古知久氏は救急医学や災害医学、集中治療のエキスパートのようですし、東京医科歯科大学救急災害医学臨床教授という肩書も安心できますよね。このような素晴らしい経歴を持っている方が率いているのなら安心して任せられる、という印象を強く受けました。ほかのドクターや非常勤医師の方も素晴らしい肩書を持つ方ばかりですから安心できます。

松戸市立病院によって運営されている救命救急センターはいろいろな取り組みもしていますし、地域の救命率を高めるためにあらゆる努力もしています。ドクターカーの運用もその一つではないでしょうか。迅速に現場へドクターを派遣することができるドクターカーはあらゆるシーンで活躍していますし、今後ますます活躍することが期待されます。ほかにも救命救急センターでは地域の方を守るためのいろいろな取り組みを行っていることが印象的だと思いました。

会社概要

商号
国保松戸市立病院(公式サイトへ)
設立
昭和41年5月
所在地
千葉県松戸市上本郷4005番地
センター長
庄古知久
休診日
土曜、日曜、祝祭日、年末年始