せきねもん(関根義光)

せきねもん(関根義光)の評判/仮想通貨投資家/せきねもん給付金を調査!

せきねもんこと関根義光さんは、21歳で株式会社BLITZ Marketingを創業し、現在はbitcastle社のCEOを務める実業家であり、仮想通貨投資家としての一面もある人物です。

2021年の年収は17億円、総資産19億円を突破しているせきねもん(関根義光)さんですが、なぜ若くして億万長者になれたのでしょうか。

今回は、せきねもん(関根義光)さんの概要、生い立ち、経歴、現在の活動、今後の目標、株式会社BLITZ Marketingや仮想通貨取引所bitcastleについてまとめました。
また、Twitterで話題となっているせきねもん給付金(お金配り)やお年玉配り企画について、応募方法や注意点、評判口コミも含めて紹介します。

目次

せきねもん(関根義光)の概要

せきねもん(関根義光)さんとは、株式会社BLITZ Marketingの創業者であり、仮想通貨取引所bitcastleのCEOや仮想通貨投資家として活動している人物です。

これから値上がる仮想通貨の無料公開や、仮想通貨投資で得た利益を配るせきねもん給付金により、Twitterのフォロワーは14万人を超え、多くの注目を集めています。
また、怪盗ロワイヤルで全国1位になった過去を持ち、起業後にテレビ取材を受けた経験もあります。

現在はシンガポールで仮想通貨投資に積極的に取り組みながら、世界から貧困をなくすことや株式会社BLITZ Marketingを時価総額1,000兆円起業へと成長させることを目標に掲げ、活動の幅を広げています。

プロフィール

せきねもん(関根義光)さんの、プロフィールを紹介します。

名前 関根義光
読み せきねよしみつ
通称 せきねもん
性別 男性
生年月日 1990年9月21日
出身地 神奈川県藤沢市
居住地 シンガポール
血液型 O型
学歴 東京理科大学理工学部 中退
趣味 テニス・読書

人物像

せきねもん(関根義光)さんは、テニスや読書を趣味としており、シンガポールの自宅に完備されているテニスコートにコーチを呼んでテニスのプライベートレッスンを受けたり、仕事が忙しい中でも、経営やマーケティングなどに関する本を毎月10冊ほど買って読んだりしています。
読書量が多い人は出世が早く、年収が高い傾向があるとされていますが、せきねもん(関根義光)さんは、それを実証されています。

また、平和主義でありながら良くも悪くも素直な性格で、思ったことをはっきり言ってしまう一面もあり、時々仲違いしてしまうこともあるようです。
しかし、堅苦しい雰囲気を嫌うせきねもん(関根義光)さんは、誰に対してもフランクに話しかけることで周囲と良好な関係を築けています。

起業家であり仮想通貨投資家としての一面も

株式会社BLITZ Marketingの創業者であり、経営者や起業家として活動するせきねもん(関根義光)さんには、仮想通貨投資家としての一面もあります。

仮想通貨の技術に注目して独自に分析し、これから値上がる通貨を見つけ出すのが得意なせきねもん(関根義光)さんは、自身も多額の利益を得ていますが、注目している仮想通貨をTwitterにて先出し公開することにより、それがきっかけで稼げたフォロワーも大勢いるそうです。

また、せきねもん(関根義光)さんが現在住んでいるシンガポールでは仮想通貨投資に関わる税金が0%のため、積極的に投資を行って資産を増やし、bitcastleという取引手数料0%の仮想通貨取引所を設立して、CEOも務めています。

仮想通貨トレードに関するせきねもんの評判口コミを調査!

仮想通貨投資家としての一面もあるせきねもん(関根義光)さんのトレードに関する評判口コミを調査しました。

せきねもんの投資情報を参考に勉強

昨年から独学でトレードを始めたのでまだまだですが、せきねもんさんの投資情報を参考に勉強しながら頑張っています。

せきねもん(関根義光)さんがSNSにて発信している投資情報を参考にトレードが勉強できると評判でした。
また、せきねもん(関根義光)さんの投稿を見たことで仮想通貨投資を始めたトレーダーも多いようです。

相場予想の的中率が高い

せきねもんさんの相場予想の的中率が凄くて驚いています。これからも仮想通貨に関するツイート参考にさせていただきます。

仮想通貨の相場予想的中率が高いと評判でした。
せきねもん(関根義光)さんは、上がる通貨の予想だけでなく爆下がりする通貨の予測もしています。

投稿を参考に仮想通貨を売買

投稿見て即買いしました。投資初心者なので普段からツイートを参考に仮想通貨の売買を行っています。

せきねもん(関根義光)さんの相場予想が的中する可能性が高いため、ツイートを参考に仮想通貨の売買を行っているフォロワーもいます。
また、参考にして買った通貨が予想通りに上がったといった口コミも見られました。

売買するタイミングの見極めが素晴らしい

せきねもんさんがきっかけで投資を少額から始めて徐々に増えてきています。投資は購入と売却のタイミングが大事なようですが、せきねもんさんにはそのタイミングを見極める頭脳があるようで素晴らしいです。

せきねもん(関根義光)さんのタイミングを見極める能力が素晴らしいと評判で、行動を真似ることで利益を上げることができている人もいるようです。

仮想通貨トレードに関するせきねもん(関根義光)の評判口コミまとめ

せきねもん(関根義光)さんの仮想通貨トレードに関する評判口コミを調査したところ、相場的中率が高く、今買うべき通貨と手放すべき通貨が分かりやすいと評判でした。

とくにせきねもん(関根義光)さんの投資情報の発信を見たことでトレードを始めた人や投資初心者の人からの評判が高く、様々な投稿が参考になると厚い信頼を得ています。

自分自身のアウトプットのためと多くの人のためになると思い、仮想通貨系のYouTubeチャンネルを開設することも考えられており、今後もせきねもん(関根義光)さんがきっかけで仮想通貨投資を始めたり仮想通貨で稼げるようになったりする人が増えていくことでしょう。

せきねもん給付金(お金配り)が話題

Twitterでは、せきねもん(関根義光)さんによるお金配り、「せきねもん給付金」が話題となっています。
2020年12月から2021年4月にかけて高騰した仮想通貨で爆益を獲得したため、その一部を日本に還元するという企画で、毎日1名に10万円を配り続けています。
せきねもん(関根義光)さんのお金配りは、企画開始から365日間(2022年3月頃まで)行われる予定です。

せきねもん給付金(お金配り)への応募方法

せきねもん給付金へ応募する方法は、せきねもん(関根義光)さんのTwitterアカウント(@yocchan60)をフォローし、対象のツイートをリツイートするだけで完了です。
中にはリプライをしたり、「#せきねもん給付金」をつけた投稿を行ったりして、アピールしているアカウントも見られました。

当選者にはせきねもん(関根義光)さん本人からDMが送られてくるため、そのDMに銀行口座情報を返信すると、10万円が振り込まれるようです。

Twitter上には実際に当選したという喜びのツイートが多数確認されています。

2022年4月よりせきねもん給付金再開

365日間毎日1名に10万円を配る企画は、2022年3月15日で365日目を迎えて終了していましたが、2022年4月21日より、せきねもん給付金企画を再開しました。

今回のせきねもん給付金企画の実施期間は定められておらず、毎日3名に1万円を配るという内容に変更されています。
前回よりも金額は減ってしまいましたが、当選人数が増えているため当選確率が高くなり、既に多数の当選ツイートが確認できています。
尚、応募・当選方法は前回と同様です。

全員お年玉配り企画も話題に

2022年1月には、応募者全員に1,000円分のお年玉を配る企画も実施しています。
1万件以上のリツイートや多数の「#せきねもんのお年玉」がついた投稿により、多くの話題を集めています。

全員お年玉配り企画への応募方法

全員お年玉配り企画へ応募する方法は、せきねもん給付金と同様に、せきねもん(関根義光)さんのTwitterアカウント(@yocchan60)をフォローし、対象のツイートをリツイートするだけです。

お年玉配り企画については、1,000円が直接銀行に振り込まれるのではなく、せきねもん(関根義光)さんがCEOを務める仮想通貨取引所bitcastleの配布機能を使ってUSDTという仮想通貨で配られます。
そのため、お年玉を受け取るためにはbitcastleへの登録が必要となります。

USDTはビットコインに換金することで、日本の仮想通貨取引所にて日本円にすることが可能です。

せきねもん給付金(お金配り)や全員お年玉配りは本当?評判口コミを調査

せきねもん給付金(お金配り)や全員お年玉配りは本当にお金がもらえるのでしょうか。
真相を探るべく評判や口コミを調査しました。

給付金は交換留学での勉強に

せきねもん給付金当選して、先日給付金頂きました。交換留学での勉強に使わせていただきます。

毎日1名に10万円を配るせきねもん給付金に当選したというツイートを発見しました。
当選したのは美大生で、給付金を交換留学での勉強に使うとのことです。

半信半疑だったが本人からのDMで安心

せきねもんさんの給付金に当選して10万円をいただきました。DMいただいた時は半信半疑でしたが本人のアカウントからで安心できました。

こちらの当選者は、DMが届いた際に半信半疑だったことのことですが、本人のアカウントであることを確認したら喜びが湧いてきたようです。

せきねもん(関根義光)さん本人からのDMであることを確認するまでは当選を疑った方が、ぬか喜びせずに済みそうです。

お年玉をきっかけに暗号資産を勉強

せきねもんさんからお年玉もらえた。この機会に暗号資産も勉強していきたい。

お年玉配りは応募者全員に配られるため、せきねもん給付金の当選ツイートよりも多数の評判がありました。

お年玉は仮想通貨でもらえる

お年玉企画の仮想通貨いただきました。仮想通貨に触れて新しいことにもチャレンジしていきたいです。

全員お年玉配りは現金ではなく仮想通貨でもらえるため、これを機に仮想通貨を始めてみたいといったツイートが多数見受けられています。

約1年毎日参加してついに当選

当選して本当にびっくりしました!でも約1年間毎日のように参加させていただいた甲斐がありました。コロナやワンオペ育児等大変なことばかりですが、生きる糧ができました。本当にありがとうございます。

2021年から2022年にかけて1年間行っていたせきねもん給付金当選者の中には、開始当初から毎日企画に参加し、終了間際で当選できた方もいました。
せきねもん(関根義光)さんはお金配り企画によって、お金だけでなく幸せや希望も当選者に与えているようです。

せきねもん給付金(お金配り)やお年玉の評判口コミまとめ

せきねもん給付金(お金配り)や全員お年玉配りの評判や口コミをTwitter上で調査したところ、当選者が多数確認できていることから、せきねもん(関根義光)さんは本当にお金を配っていることが分かりました。

せきねもん(関根義光)さんから当選者に届くDMには、「入金確認後にTwitterやInstagram等で当選報告をして頂ければ有り難いです。」といった一文が記載されていますが、当選報告は強制ではないため、実際にはもっと多くの人が当選していることが考えられます。

また、お年玉配りについては仮想通貨で配られることに賛否両論ありましたが、多数の応募があったようで、既に仮想通貨投資をしている人や、仮想通貨に興味のある人たちからは高い評判を集めています。

せきねもん給付金(お金配り)に当選?偽物による詐欺被害に注意!

Twitterでせきねもん(関根義光)さん本人からDMが届き、せきねもん給付金(お金配り)に当選したという喜びの声もあれば、中にはせきねもん(関根義光)さんを装った偽物からDMが届いたというツイートも見受けられています。

偽物のDMによって当選を信じ、クレジットカード情報の入力や不審なサイトへの登録をしてしまうと、個人情報が筒抜けになったり身に覚えのない請求をされたりといった詐欺被害に遭ってしまう可能性があるため、注意が必要です。

詐欺被害に遭わないためにチェックすべきポイント

お金配り便乗詐欺は、せきねもん給付金に限ったことではありません。
前澤友作さんのお金配りや人気YouTuberのプレゼント企画など、様々な企画に便乗して偽物のアカウントを作成し、詐欺を働く者が確認されていますので、そういった企画に参加する際は、詐欺被害に遭わないためにチェックすべきポイントを覚え、被害を未然に防ぎましょう。

チェックすべきポイントはただ一つ、せきねもん(関根義光)さんからDMが届いたらユーザー名(ID)が「@yocchan60」であることを確認しましょう。
また、本物のせきねもん(関根義光)さんには、14万人以上のフォロワーがいます。ほとんどの偽物アカウントが「@yocchan6O」など、一見本人と間違えてしまうようなユーザー名を設定していますので、必ずプロフィールも確認し、本人であることを確認できたら返信するようにしましょう。

せきねもん(関根義光)の生い立ち/学生時代

せきねもん(関根義光)さんは、1990年に神奈川県藤沢市にて5人家族の長男として誕生しました。

小学生の頃は、遊戯王カードやガンダム、ゲーム、漫画などが好きなごく普通の少年で、大人ばかりが参加するようなカードゲーム大会にも参加していました。
そしてその大会の空き時間に、カードを金銭的価値に置き換えた上で、その価値に見合うカードとトレードをしていたことで、当時から商売感覚が養われていったそうです。

インターネットビジネススキルを身につけた中学生時代

中学生になったせきねもん(関根義光)さんは、テニス部に入部してテニスの楽しさにのめり込んでいきます。
本気でプロを目指し、テニススクールにも通っていました。

その一方で、親のパソコンを借りてゲームやブログ開設を行い、HTMLやCSSなどを独学で習得していったり、小学生の頃夢中になっていたカードをヤフオクで売り始めたりと、インターネットビジネスにおける基本的な知識や能力を自然と身につけていきました。

プロを目指してテニスに打ち込んだ高校生時代

せきねもん(関根義光)さんは、神奈川県立鎌倉高校に進学し、より一層テニスに力を入れた日々を送っていました。
将来はプロのテニスプレイヤーか、テニスに関わる職種に就こうと思っていたようです。

しかし、テニスの県大会予選で優勝こそ収めたものの、本戦で1回戦負けしてしまったことで上には上がいることを痛感、テニスで生計を立てることは難しいと判断し、趣味で続けることにしました。

進学を決意してからは勉強に打ち込んで成績を向上させていきましたが、東京大学を受験するも失敗してしまい、高校卒業後は浪人生活を送ることになります。

怪盗ロワイヤルで全国1位になった浪人時代

浪人生活が始まり、東京大学を目指して必死に勉強していたせきねもん(関根義光)さんは、息抜きのために当時人気だったソーシャルゲーム「怪盗ロワイヤル」を始めました。

しかし、次第に勉強の息抜きで始めたはずのゲームに熱中していき、1日10時間以上やってしまうことも。その結果、見事ゲーム勝利数全国1位を獲得します。

当時、怪盗ロワイヤルでは「GOD」の名前で不動の1位と称されたせきねもん(関根義光)さんですが、勉強は疎かになってしまったことで2回目の受験にも失敗してしまい、滑り止めで受験していた東京理科大学に進学しました。

アフィリエイトで苦境を乗り越えた大学生時代

東京理科大学に進学したものの、第一志望の大学ではなかったためモチベーションも沸かず、朝から晩まで研究室にこもる日々は想像以上に大変でした。
そんな日々の中で生活費も尽き、アルバイトを始めるも効率の悪さを感じてすぐに辞めてしまったことから、自分で稼ぐ力を身につけることを考え始めます。

そして、WEBで稼ぐためのノウハウが載った本を読んでWEBマーケティングの面白さに気づいたことや、アフィリエイトで稼ぐ主婦の特集をテレビで観たことがきっかけで、アフィリエイトを開始。中学生の頃からパソコンとネットを得意としていたせきねもん(関根義光)さんは、初月で20万円を稼ぎ出します。
さらに大学に通っている時間もこのビジネスに当てたらもっと稼げるのではないかと思い、実際にやってみると収入が増えていき、インターネットビジネスだけで新卒のサラリーマンの給料を軽く超えるほど稼げるようになりました。

せきねもん(関根義光)の経歴/実績

インターネットビジネスで成功したことにより大学に通うモチベーションがなくなってしまい、1年で大学を中退したせきねもん(関根義光)さんは、このまま個人事業主としてアフィリエイトを続けるのではなく、起業という選択をします。

株式会社BLITZ Marketingやbitcastleを立ち上げる

堀江貴文さんの書籍から資本金1円でも起業できることを知ったせきねもん(関根義光)さんは、2011年に資本金1円で、WEBマーケティング事業などを行う現在の株式会社BLITZ Marketingを設立しました。

家賃2万円ほどのボロアパートで設立した会社を、渋谷駅近くに綺麗なオフィスを構えグループ全体で年商22億円を超える企業へと成長させた後、2019年からは同社経営を現代表の吉原教一郎さんに任せています。
そして仮想通貨取引所bitcastleを立ち上げてCEOに就任しました。

せきねもん(関根義光)さんは経営者として活動する他、2014年には著書「年収1億円完全マニュアル」を執筆しています。

経営者や投資家としての実績

せきねもん(関根義光)さんは、経営者や投資家として2021年に年収17億円を稼いでおり、総資産は19億円を突破しています。

株式会社BLITZ Marketingを急成長させた実績はもちろん、テレワークの普及により脱ハンコの動きが活発化する中、ブロックチェーンコンサルティング事業部を立ち上げ、「Iohan」というブロックチェーン押印記録システムを作ったことでも多くの反響を呼びました。

また、仮想通貨投資では将来値上がる通貨を見つけ出し、NEMは10倍、solanaは22倍となるなど、見事値上がりを的中させています。

せきねもん(関根義光)の現在と今後の目標

せきねもん(関根義光)さんの現在の活動と、今後の目標を紹介します。

以下の目標の他に、今以上にお金持ちになったら日本の飲食店や神社、高級温泉旅館をシンガポールに作って利用したいという個人的な夢があるそうです。

せきねもん(関根義光)の現在

せきねもん(関根義光)さんは現在、シンガポールにて住み込みの家政婦さんを雇い、愛犬のミニチュアダックスフンド2匹と暮らしています。

株式会社BLITZ Maketingの経営からは身を引いていますが、定期的に社員の相談にのる機会を設けたり、株主として事業戦略などのアドバイスを行ったりしているようです。

また、仮想通貨取引所であるbitcastle社のCEOとして、開発やマーケティングなどを総合的にマネジメントする傍ら、自らも仮想通貨投資家として様々な仮想通貨に投資しています。

世界から貧困をなくしたい

せきねもん(関根義光)さんは今後の目標として、本気で世界から貧困をなくしたいと思っています。
元々、世界最大の慈善基金団体を創設したビルゲイツに影響を受けており、世界的な会社をつくることで世界平和に貢献できる財団をつくりたいという夢を持っていました。

世界には学校に通えないどころか、その日を生きるだけでやっとな子供たちがたくさんおり、そんな子供たちに衣食住や学べる場を提供できないかと常に考えているそうです。

会社経営から手が離れた今だからこそ、こういった目標にも向き合える時間が増えてきたと感じており、どこかの国に子供のための施設を建設して、経済面から子供たちの成長を見守りたいと計画されています。

時価総額1,000兆円企業への成長

創業した株式会社BLITZ Maketingを時価総額1,000兆円企業へと成長させることも目標に掲げています。

そのための第一歩として、事業の一部を子会社化し、D2C(消費者直接取引)事業を発足させようとしています。
せきねもん(関根義光)さんは相談役というポジションのため、自ら動くことはほとんどないようですが、この目標は社内にも浸透しており、社員が主体的に動いて形となってきているとのことです。
毎年右肩上がりで成長を続ける株式会社BLITZ Maketingですが、将来を見据えて更なる新規事業にも積極的に投資していくとしています。

仮想通貨取引所「bitcastle(ビットキャッスル)」の概要

せきねもん(関根義光)さんがCEOを務めるbitcastle(ビットキャッスル)とは、海外の仮想通貨取引所であり、最も安く、最も早く、最も安全な仮想通貨取引所として、プロトレーダーだけでなく未経験者でも快適に利用できる取引所を目指しています。

通常、仮想通貨取引には手数料が発生しますが、bitcastleであれば取引手数料0%であり、ユーザーが損をしない仕組みを取り入れています。
また、セキュリティ面を強化しており、ウォレットをオフラインで管理可能にする「コールドウォレット」を採用することで、万が一ハッキングを受けても被害を最小限に抑えられ、さらに、わずか5秒という世界最速のバイナリーオプション取引が体験できることなどから、仮想通貨投資家の中で大きな注目を集めている仮想通貨取引所です。

株式会社BLITZ Marketingとは

株式会社BLITZ Marketingとは、2011年にせきねもん(関根義光)さんが設立した会社で、マーケティングテクノロジーを駆使し、WEBマーケティングや誹謗中傷などの課題を最速で解決することを理念としています。

創業当時は節税対策のためにつくられた会社でしたが、第二創業という形でリスタートしてからは、会社を大きくするために積極的な事業展開を進めています。

現在は、せきねもん(関根義光)さんの後継である吉原教一郎さんが代表取締役社長を務め、時価総額1,000兆円という前代未聞の新たなステージを目指しています。

事業内容

株式会社BLITZ Marketingでは、インターネットを使って本当に良い商品を多くの人に広めるWEBマーケティング事業、独自のノウハウで最適な広告提案を行うWEBコンサルティング事業、ネットの悪質な誹謗中傷記事や評判を対策する誹謗中傷対策事業を展開しています。

さらに今後の事業活動として、ネット上の誹謗中傷投稿を察知し、自社で管理できるような誹謗中傷巡回システムの開発や、ヘルス&ビューティーの分野に新しい風を吹かせることを狙ったD2C事業の展開を予定しています。

会社概要

会社名 株式会社BLITZ Marketing(ブリッツマーケティング)
所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-12 三貴ビル 3階
設立 2011年12月28日
代表 吉原教一郎
資本金 4,000万円

まとめ

以上、せきねもん(関根義光)さんの経歴や仮想通貨投資の実績、せきねもん給付金の評判口コミなどについてまとめた内容です。

せきねもん(関根義光)さんは、学生時代から培われたインターネットスキルやノウハウを駆使することで、WEBマーケティングで成功を収め、さらに仮想通貨投資でも得意分野を大いに活かして爆益を得ています。
また、せきねもん(関根義光)さんが年収17億円を稼ぎ、そのほとんどを手取りで得られて総資産額を増やしているのは、仮想通貨投資の税金が0%であるシンガポールに住んでいることも影響しています。

今後も仮想通貨投資家としての活動やTwitterで新たな給付金企画を実施するのか、また、株式会社BLITZ Marketingが時価総額1,000兆円企業に成長できるのか、注目すべきポイントが満載です。

The following two tabs change content below.

注目社長編集部

  1. 田中亮圭
PAGE TOP