はじめに

出産という、人生において最高に素晴らしい瞬間。愛する我が子との初対面を迎える場所。そんな出産という大仕事をサポートしてもらい、母子の命を預ける産院選びはとても重要になってきます。しかし出産を経験した方の中には、「先生との相性が合わなくて困った。」「この痛みは二度と経験したくない。」「分娩のときにもっとこうしたかった。」など様々な意見を耳にします。

そこで今回ご紹介したいのは、聖ローザクリニックタワーズ。高度の医療技術、最新設備、高級感のある内装を兼ね備え、数少ない無痛・和痛分娩を取り入れていることで有名な聖ローザクリニックの分院である聖ローザクリニックタワーズを、以下の「聖ローザクリニックタワーズの院長」、「聖ローザクリニックタワーズの女性にやさしい医療」、「聖ローザクリニッククリニックタワーズが愛されている理由」に分けて、わかりやすくご紹介します。

聖ローザクリニックタワーズの院長

聖ローザクリニックタワーズの総院長を務める長井 快舟(ながい かいしゅう)氏は、東海大学医学部を卒業後、大学病院で研修を行い、その後市中の病院で専門知識、技術を獲得してきました。

その後西横浜国際総合病院産婦人科医長、育生会横浜病院産婦人科部長を担う内に、徐々に理想のクリニックを開設し、地域医療に貢献したいという思いがこみ上げ、2004年に聖ローザクリニックタワーズを開設しました。その背景には、“実現困難なきめ細やかな女性にやさしい医療を実践してみたい”と言う長井氏の強い思いがあります。専門分野は、産科(無痛分娩)、婦人科(不育症、子宮脱、腹腔鏡下手術)です。

聖ローザクリニックタワーズのサービス内容と特徴

聖ローザクリニックタワーズ

診療時間は☆月~土曜日10:00~13:30、15:30~19:00☆日曜日9:00~12:00(祝日は休診)です。診療時間内であれば、予約なしでも受診することができます。土日診療もあるので、平日は仕事や子育てで忙しい方にもおすすめです。

関連施設には、聖ローザクリニック本院、聖ローザクリニックセンター北分院、聖ローザクリニック戸塚分院、聖ローザクリニック横浜ステーション分院、聖ローザクリニック乳腺外科分院、聖ローザクリニック附属うみと森助産院、保育施設は聖ローザナーサリーローズ(認可外保育園)、マーガレット、リリー(一時預かり保育室)の3園があります。いずれも医療法人社団マリア会が包括しています。

予約方法は、電話(自動音声システム予約専用ダイヤル)、インターネットからの予約方法があります。自動音声予約専用ダイヤルは、コンピューターの自動音声による案内で、簡単に予約をとることができます。
アクセスは、JR横須賀線、東戸塚駅より徒歩7分。車の方は患者専用駐車場があります(2時間無料)。また自宅までの無料送迎バスがあります(送迎範囲あり:旭区・泉区・磯子区・港南区・瀬谷区・戸塚区・保土ヶ谷区・南区)。

また未就学児のお子さんをお連れになる方用の保育室が完備されており、資格をもった保育士さんが預かってくれるので、安心して診察を受けることができます。女性医師の診察日が週2日あるので、男性医師に少し抵抗がある方に喜ばれています。

聖ローザクリニックタワーズのまとめ

ここまで聖ローザクリニックタワーズについて記述してきましたが、本院である聖ローザクリニックで数少ない無痛分娩ができるというのが大きいように思います。現在横浜市では無痛分娩のできる産院は聖ローザクリニックを含め2院しかないため、大変貴重となってきます。

またほとんどの口コミで書かれているように、聖ローザクリニックタワーズの内装はとても綺麗で豪華な雰囲気なので、体と心が不安定になりやすい妊婦さんにとって、待ち時間に優雅でゆったりとした気分を味わえる空間で検診を受けることができるというのは、とても喜ばれる要因の1つだと思います。

また産婦人科は、特にデリケートなところでもあるため、女性医師の診察日があるというのは安心ですし、保育室が完備されているという点も、長井院長の“実現困難なきめ細やかな女性にやさしい医療を実践してみたい”と言う思いからなのだと思います。こうした患者さんに寄り添った医療を提供している聖ローザクリニックタワーズ、聖ローザクリニックで、一生の思い出に残るお産をしてみてはどうでしょうか。

会社概要

商号
聖ローザクリニックタワーズ
住所
横浜市戸塚区信濃町535-2-307