ラクフル株式会社

ラクフル株式会社代表、野田哲郎氏に突撃インタビュー!

育った環境を教えてください

私は東京出身で、小学生のときに母親の故郷、香川県に移り住んで育ちました。

大学からは大阪に出てきて、今では関西が人生で最も長く居る場所となっております。2社を経営する経営者でもありますが、3人の男の子の父親でもあります。日々幸せを噛み締めながら人生を楽しんでいます。

中学・高校では、バスケットボールに明け暮れる日々を送り、仲間と切磋琢磨、技術と体力を研鑽し、チームで目標に向けて全力を尽くすことを覚えました。高校卒業後は大阪大学外国語学部で英語、スペイン語、アラビア語を専攻し、ラグビー部にも所属していました。

大学時代は自分のやりたいことを見失う時期もありましたが、多くの出会いにより人生を見つめ直すことができ、経済や経営に興味を持てたことで、将来事業を興すことを決意。

大学卒業後は大手電機メーカーのシステムエンジニアとして携帯電話開発事業に従事し、3年後の2006年にWEB関連事業を立ち上げました。

その間、予備校の教室長や生命保険のセールスも経験し、その後2015年にラクフル株式会社を設立。EC事業とWEBコンテンツ制作、WEBコンサルタント事業を主とし、右肩上がりの成長となっています。

学生時代から成績は良い方で、自分では思っていませんでしたが優等生の部類だったかと思います。スポーツが大好きで特に球技は全般、何でも得意でした。

どんな子どもと言われていましたか?

前述した通り、成績は良い方で、スポーツも大好きで特に球技は全般、何でも得意でした。しかし、器用貧乏なところがあり何でもできるが故に、一つのことに秀でたタイプではなかったかもしれません。

だからこそ、一つの仕事を徹底してプロフェッショナルとして活躍されている方を見ていると非常に尊敬します。自分の人生、年を重ねる中で今後は、子供たちに胸を張って伝えられることを成し遂げたいと考えています。

一番興味のあったことは何ですか?

母親が音楽家であることもあって、自分の子供たち3人にピアノを習わせています。

音楽は人生を豊かにする最高のツールだと思っています。将来外国に出ることがあっても万国共通で音楽は愉しむことができますからね。

子供の頃描いていた将来の夢は何でしたか?また、その理由を教えてください

子供のころの将来の夢は、スポーツ選手でした。

ドッチボールをやってもサッカーをやっても概ねそつなくこなし、投げても走っても、蹴っても上手でした。

ところが、中学高校と進んでいくうちに上には上がいることを段々わかり始め、将来の夢も変わっていったように思います。

今後のビジョンについて、教えてください

年商10億の企業体になることを当面の目標としています。

弊社オリジナルの商品・サービスの開発に力を入れていくこと、そして海外への販路を伸ばしていくことになると想像しています。会社の方向性を間違わず、目の前の仕事を全うしていけば自ずと成果はついてくると信じていますし、これまでもそうして来ました。

それに、共に仕事をしている社員は家族だと思っています。

社員の幸せを第一に、会社を大きくできればこれほど幸せなことはありません。

ラクフル株式会社

会社概要

商号 ラクフル株式会社
所在地 〒560-0011大阪府豊中市上野西3丁目19-10-2
代表者 野田 哲郎
設立 2015年
公式サイト
http://rakuful.co.jp/
事業内容 ・WEB制作およびデザイン
・店舗小売および通信販売
・ECサイト・HP・ブログ管理運用
・ITコンサルティング・セミナー企画
・デジタルコンテンツ制作
・インターネット広告
・人材育成・教育事業
The following two tabs change content below.
注目社長編集部

注目社長編集部

  1. 梶原隆司
  2. 日本ティピカル
  3. 国元商会
  4. 池田真市
  5. FES株式会社
  6. 守屋祐生子氏
PAGE TOP