株式会社いーふらんのおたからやフランチャイズとは?鹿村大志社長についてもご紹介!

町中で「おたからや」と書かれた看板を目にしたことがある方は多いのではないでしょうか?それもそのはず、おたからやは日本一の店舗数のある買取専門店なのです。今回は、株式会社いーふらんのおたからやについて、その事業内容やこれからの展開などについて解説していきます。

「おたからや」とは?

「おたからや」は株式会社いーふらんのリユース事業です。2000年3月に1店舗目を神奈川県横浜市に開店しました。

おたからやでは金・貴金属・ブランドバッグ・時計などを中心に、多数の品目の買取を行っています。その買取品目の幅広さと、日本一の買取専門店出店数を誇る店舗数の多さが多数の顧客からの信頼を得ています。

独自の鑑定方法でしっかりと査定

おたからやでは、「ホットライン」と呼ばれる、他の不用品買取店にはない独自の鑑定方法を採用しています。ホットラインでは、一般的に見極めるのが難しいとされている正規ブランド品と模倣品の真贋を正確に判断することが可能です。査定歴10年を超える査定士がしっかりと見極めるので、安心して大切な品物を売ることができるのです。

高値で買取

おたからやでは店頭での買取はもちろん、出張買取や遺品整理など、幅広い対応を行っています。買い取った品物は、独自のルートを駆使し海外での販売やオークションで取引を行うため、無駄な手数料がかからず、できる限りの高値で品物を買い取る事ができるのです。

SDGsに取り組む

現代社会は物質的な豊かさの反面、地球温暖化や大気汚染、水質汚染やゴミの問題、高齢化や少子化など、さまざまな社会問題を抱えています。おたからやでは創業当初から、「全て使い捨てではなく、ご不用品は必要な人の手に。 買い替えが必要ないものは手を加えて再生する」というエコロジーへの配慮を志にリユース事業に取り組み、社会貢献してきました。

さらに、おたからやではリユース事業として、SGDsに則した取り組みも行っています。SGDs(Sustainable Development Goals /持続可能な開発目標)とは、2015年に定められた国際社会共通の目標です。おたからやでは「SGDs目標12:つくる責任 つかう責任」の目標達成に向け、不要になった品物を無駄にすることなく、大切に扱い、必要とする方のところに届け、不用品の廃棄を減らすことに協力しつつ、さらなる事業の発展を目指しているのです。

伸び続ける需要

おたからやではここ数年金の買取り件数が増加しています。その原因の発端には、新型コロナウィルス感染症があると考えられます。

新型コロナウィルス感染症の影響により、国際的には輸出入や渡来の停止、日本国内ではイベントなどの中止や営業時間制限、外出制限などの影響を受けた経済不安から、万が一に備えて蓄えるべき資産として、金の資産価値が高まったと言われています。その結果、2020年には金の価格が20年前の9倍にも高騰しました。金価格の急激な上昇により、それまで資産として所有していた金の売却を検討する方が増加してきたと考えられます。

またその他にも、収入の減少や生活への不安から、それまで資産として持っていた宝石や貴金属、ブランド品のバッグ、時計などを売却する方も増えたと推測されています。

おたからやの今後の事業展開

株式会社いーふらんはこれまで、リユース業界No.1の店舗数「高級宝飾時計商おたからや」を軸としたリユース事業やフランチャイズ事業などにおいて業績が上がったことにより、会社全体としても大きく成長してきました。
会社の拡大に伴い、株式会社いーふらんは上場することを視野に入れています。

2022年現在、株式会社いーふらんの代表取締役社長に鹿村大志氏が就任し、新経営体制へと舵を切っています。鹿村氏は2007年に入社、おたからやの心臓部となるフランチャイズ事業立ち上げに関わり、2017年からは執行役員を務めてきました。月間契約件数100件を超える営業手法を確立するなどの実績があり、その手法を他の社員にも積極的に指導してきました。業績向上に貢献した実績とともに、その牽引力が評価され、今回の36歳(当時)での抜擢に至りました。

代表に就任するにあたり、鹿村氏はなぜ自分が仕事を頑張るのか、もう一度考えてみたそうです。
そこで浮かんだのが、株式会社いーふらんで働く従業員の存在。明るく前向きに仕事に取り組める環境を作り、今よりもより良い環境や生活をさせたいという想いを持っているとのことでした。
フレッシュなリーダーのもとで、株式会社いーふらんのリユース事業のおたからやはさらに大きな発展を遂げることでしょう。

まとめ

株式会社いーふらんのおたからやについて、その事業内容やこれからの展開などについて解説しました。

先の見えない社会情勢や近年のSDGsなどの流れのなか、リユース事業の需要はこれからさらに高まっていくことが予想されます。そんな中、おたからやは買取り専門店として大きな信頼を得ているリユース事業であり、今後ますます注目の企業であると言えるでしょう。

株式会社いーふらん 公式サイト
いーふらん おたからやフランチャイズ 公式サイト

The following two tabs change content below.

  1. 株式会社JPS_社長イメージ
  2. 五十嵐雅樹
  3. 弓削佳央
  4. 石破周一
PAGE TOP