森宜教

株式会社森建築代表、森宜教氏に突撃インタビュー!

はじめに

家創りにおいて重要なこと、それは“依頼主が家創りの勉強にできる限り時間をかける”ことだと言われています。

その人の人生で最も大きな買い物である“家”。勉強不足で自分がイメージしたものと全く別の家が建ってしまったら、せっかくの大きな買い物が意味のないものになってしまいます。

そうならないために、自分の意見をしっかりと設計・現場に反映させ、理想の家創りのため、間取りや内装・外装、将来の住み方や資金計画まで考えながら勉強をしなければなりません。

では依頼主が家創りについて勉強するうえで大切なことは何か?それは依頼主の質問や希望に親身になって答えてくれる住宅メーカー、建築会社の担当者の存在です。

例え素人の質問に対しても、嫌な顔をせず親身に対応してくれて、どんなに質問されても理解するまで徹底的にわかりやすく説明してくれる、そんな担当者と出会うことが大切なのです。

株式会社森建築とは?

依頼主の理想をカタチにしていく。そんな当たり前の事を真剣に納得いくまで何度でも向き合い、長きに渡る付き合いをすることをモットーに日々取り組んでいるのが、「株式会社森建築」です。

同社は、平成14年に設立されて以来、木造在来工法をメインに新築住宅、住宅リノベーション、店舗新装、マンションリノベーション、小規模から大型リフォーム、社寺、茶室、外構土木など、幅広い業務を手掛けてきました。

「いつまでも安心して住み続けられる家であること」を最も大切にした家創りを行っており、100年先も使用できるよう、しっかりとした骨組み(構造)でお客様に寄り添いながら、家創りに取り組んでいます。

そんな株式会社森建築の代表者こそ、今回ご紹介する「森宜教氏」です。この記事では森宜教氏の生い立ちから、今後の取り組みについて、ご本人に直接伺いました。

育った環境を教えてください

私は宮崎市の生目出身です。家族構成は両親と双子の姉、私の5人家族。現在は妻、息子4人の6人家族になります。

印象に残っている幼少期のエピソードを教えてください

生まれが田舎だったこともあり、幼少期は家にいる事よりザリガニやカブトムシ採り、魚釣りなど、常に友達と外遊びを楽しんでいました。

印象に残っているのは小学4年生の時、自転車で都城の従兄弟の家に行き、道に迷い朝まで自転車を漕ぎ続けたことです。今になっても忘れられない苦い思い出です。

どんな子どもと言われていましたか?

とにかくじっとしている事が嫌いで、活発な性格でした。誰とでも仲良くなれたおかげで友達も多く、争い事などは嫌いな子供でしたね。

幼少期の友達とは現在も付き合いがあり、同窓会や忘年会の幹事は常に私が行っております。

一番興味のあったことは何ですか?

物作りが大好きで、幼少期は友達と秘密基地を作って遊んだりしていました。また、スポーツ全般が好きで小学生の時は野球、中学生の時はバレーボールでキャプテンになり、チームをまとめる役割を任せられました。

子供の頃描いていた将来の夢は何でしたか?また、その理由を教えてください

子供の頃から自分の力で何かしたいと常に思っていました。次第に物作りに興味を持ち、たどり着いたのが現在の仕事である家創りでした。

今後、会社としてどのようなことに取り組まれていきたいですか?

私達の会社は高品質・高性能は勿論、お客様の一生に一度の大きな選択に携わるにふさわしく、スタッフの高い知識・人間力を持って一棟一棟魂を込めた丁寧な仕事で「本当に良かった」と喜んでいただける家創りをモットーに励んでおります。また、これからも注文住宅だからこそできる更に高いクオリティとブランド力で、唯一無二の家創りを目指して取り組んで参ります。

取材を通じて感じた事

今回は株式会社森建築代表、森宜教氏にお話しを伺ってきました。

実際に取材をしていて驚いたのは、森氏が“子供の頃から物作りをして人に喜んでもらえることをしていた”ということです。

子供の頃から自身の力で何かをしたいというところから始まり、物作りに興味を持った森氏。秘密基地を作って友達を遊んでいたという過去の経緯が、現在の家創りをしたい人に対して「一棟一棟魂を込めた丁寧な仕事で「本当に良かった」と喜んでいただける家創りをモットーに励んでいる」というところにつながったのだと感じました。

人が喜ぶサービスというものは、提供する側の“喜ばせたい”という想いがあって初めて実現するもの。

お客様満足度を重視した株式会社森建築は、今後も発展していくこと間違いないでしょう。

会社概要

商号 株式会社 森建築
所在地 宮崎県宮崎市浮田922-3
公式サイト https://www.morikenchiku.com/
代表取締役社長 森宜教
事業内容 新築、増改築リフォーム全般 ・店舗改装 ・社寺・数寄屋建築 ・バリアフリー工事 ・塗装 ・防水全般・解体工事全般 ・土木工事全般・公共工事
The following two tabs change content below.

  1. 石濱人樹
  2. kikuchikazuhiro
  3. 守屋祐生子氏
  4. ラクフル株式会社
  5. 坂本新
PAGE TOP