株式会社マテュリティ代表、翠川忠彦氏に突撃インタビュー!

株式会社マテュリティとは?

株式会社マテュリティは、インターネットカフェ事業・ITソリューション事業・居酒屋事業・ラーメン事業など多角的に経営を展開。その中でも核となっているのがラーメン直営事業、そしてラーメンフランチャイズ事業です。

ラーメン店としては、「ちゃーしゅうや武蔵」を経営。フランチャイズのラーメンチェーン店として、年々規模を拡大し、現在では27店舗を展開するまでに成長を遂げています。

名店として多くの人から愛されている”ちゃーしゅうや 武蔵”は、行列ができる人気店。お店の代名詞ともいわれている名物の「からし味噌ラーメン」には、特に多くの人気が集まっています。使用されている自慢のからし味噌には、3種類の唐辛子と10種類を超えるスパイスや調味料をブレンドするというこだわりよう。濃厚でありながらもさっぱりとした味わいが癖になるこのラーメンを食べようと、他県からわざわざ足を運ぶ客も多く、連日多くのにぎわいを見せています。

今回はそんな「ちゃーしゅうや武蔵」を経営する、株式会社マテュリティの代表者「翠川忠彦氏」をご紹介します。翠川氏の生い立ちから、今後の企業の取り組みについて、ご本人に直接伺いました。

育った環境を教えてください

私が育ったのは自然豊かな長野県です。物心ついた時には母と私だけでしたので、夜など母が仕事でいない毎日でさみしい思いをしましたね。

それ以外の時間は、母の内職の手伝いを良くやっていたのを覚えています。苦労している母を見て、子供ながらに何か少しでも母の役に立ちたいと感じたのだと思います。そのような中でも、かなり活発な子供だったと母から聞いています。

印象に残っている幼少期のエピソードを教えてください

幼少期時代は野球が大好きでした。学校から帰ると勉強はそっちのけでグローブとバットを持ち、小学校のグランドに飛び出して行きました。友達がいれば野球をし、一人なら壁を相手にひたすら投げ込んでいた事を覚えています。

当時は、野球に夢中になって取り組んでいたので、学校に通学する時も、道端の石をもち、投球のフォームを確認しながら投げたりもしていました。

一番興味のあったことは何ですか?

野球をすることです。ともかく大好きで、リトルリーグではエースピッチャーでした。

子どもの頃描いていた将来の夢は何でしたか?

母子家庭という事もあり、母が苦労している姿を見ていたため、漠然とはしていましたが親孝行ができるような大人になりたいと常に思っていました。

今後の経営戦略として、取り組んでいる事などありましたら教えてください

弊社はインターネットカフェ事業・ITソリューション事業・居酒屋事業・ラーメン事業など多角経営をしておりますが、核となる事業はラーメン直営事業とラーメンフランチャイズ事業です。中長期事業計画では、2020年までに全国に100店舗を出店するという「チーム100計画」があり、経営戦略の一環としてIPO(新規上場株式)を目指し、さらに海外出店もシェアに入れております。

この会社で働くスタッフには「会社に使われるのではなく、お互いの専門性を高めスタッフ一人一人が共に創り上げる組織風土にしましょう」という経営スタンスで説明をしています。

私の最終的な目標は、この会社で働く従業員、そしてその家族から「この会社で働いて良かった。幸せです。」と言ってもらえる環境を提供する事。それが最終的な目標でもあり、遣り甲斐へとつながっています。

取材を通じて感じた事

株式会社マテュリティの代表・翠川忠彦氏の生い立ち、そして今後の企業の展望についてのお話をご紹介しました。今回翠川氏から直接お話を伺い、しっかりと未来を見据え、前へ前へと進んでいくそのアグレッシブな姿勢に多くの勇気を頂きました。

翠川氏は、母子家庭で育ったという子供時代には大変苦労されたようですが、きっとその前向きな姿勢で、お母さまとともに乗り越えて来られたのでしょう。

さらにお話の端々から、女手一つで家庭を支え、育て上げてくれたお母さまへの感謝の気持ちを忘れず、親孝行がしたいという想いが伝わって参りました。そのあたたかな想いが、現在の翠川氏の経営スタンスである「スタッフやその家族を幸せにしたい」という点につながっていったのではないでしょうか?

2014年9月、「ちゃーしゅうや武蔵」は、翠川氏の生まれ育った長野県にも初上陸を果たしています。故郷へ錦を飾るというこの出来事は、初心を大切にし、強い意志を持つ翠川氏だからこそ達成できたことだと感じています。

多角経営によって培った多種多様な経営ノウハウを活かし、今後はラーメンフランチャイズ店の海外への進出も視野に入れているという、株式会社マテュリティ。翠川氏が今後どのように経営を展開し、前進していかれるのか、注目していきたいと思います。

会社概要

商号 株式会社マテュリティ
本社所在地 長野県上田市天神2丁目4番72号
代表取締役社長 翠川忠彦
設立 1997年7月7日
公式サイト
http://www.maturity.co.jp
事業内容 飲食店運営
フランチャイズ展開
インターネットカフェ
ロボットレンタル・販売
アプリ開発
携帯修理・販売
The following two tabs change content below.
kinaco

kinaco

好奇心旺盛、フリーライター。最近はホットヨガにハマっています。

  1. ステージプランナー
  2. 土谷晋一郎
  3. 石膏再生協同組合理事長井寄準
  4. 【株式会社QUATTRO】神林拓馬
  5. 株式会社和心の代表の森智宏
  6. 重延誠司 株式会社LS・Capital
PAGE TOP