榎本善紀_イメージ

榎本善紀氏について独自調査!京楽産業.株式会社をまとめる敏腕社長についてまとめました。

はじめに

皆さんは、「パチンコ」や「パチスロ」という言葉を聞いた時に何を思い浮かべるでしょうか?好きなパチンコやパチスロ機、はたまた好きなパチンコメーカーなど、思い浮かべるものは人によって変わってくるのではないかと思います。
前述の通り、「好き」の種類も本当に人それぞれなので、思い浮かんだのが好きなアニメのパチンコ機だった人もいれば、メーカー全体のパチンコ機だった人もいるはずです。そのため、一概に「パチンコ、パチスロといえば○○!」という表現は難しいのです。

また、近年はパチスロ一本で事業を行っている会社もあれば、それ以外にも事業展開をしている会社があります。
今回は、「創造エンターテインメント・ソリューション・カンパニー」としてパチンコビジネスをリードしている京楽産業.株式会社と、代表の榎本善紀氏について、調査を行ってきました!

京楽産業.株式会社について

まずは、京楽産業.株式会社の会社概要についてまとめていきます。

京楽産業の主要事業はいうまでもなく、パチンコやパチスロ遊技機の企画、開発、製造、販売です。人気アニメの「魔法少女まどか☆マギカ」や「GANTZシリーズ」など、有名作品が多数ラインナップされています。

しかしそれだけではなく、京楽産業は、KYORAKUグループの映像レーベル「MAGNET」の運営を行っています。「MAGNET」はアニメを中心とした映像作品の企画・プロデュースを行っており、自社のみならず、他社と共同でプロジェクトを実施しています。MAGNETという言葉には、「マンガ(M)」「アニメ(A)」「ゲーム(G)」「ノベル(N)」「エンターテインメント(ET)」という5つの意味があり、「磁石が引き寄せ合って一つの強力なコンテンツを創り上げていく」という想いが込められています。

その他にも、映像作品への出資やヴァーチャルアーティストによるライブ事業、グループ会社によるアニメ・映画・ゲームの音響制作プロデュースなど、アニメを中心に幅広く事業を展開しています。

代表の榎本善紀氏について

現在、京楽産業の代表を務めている榎本善紀氏ですが、元々はパチンコ遊技機の自動補給機器や周辺機器の開発、販売を行う関連会社のユニオンに就職していたそうです。そして、このユニオンという会社が現在の京楽産業になっており、榎本善紀氏が代表を務めています。

そこで浮かぶ疑問が、榎本善紀氏は、なぜすぐに京楽産業へ入社しなかったのかということです。考えられるのは、榎本善紀氏には、パチンコやパチスロといった業界の仕事をしっかりと理解するために、「まずは現場の様子を知ろう」という気持ちがあったからだと考えられます。

確かに、「パチンコ」に関わることについてはより多くのことを知っている方が良いですし、学びが多ければ多いほど、「経営者」という立場になっても活かせることはたくさんあるなと思いました!

榎本善紀氏が生み出したヒット機たち

榎本善紀氏が社長に就任してからリリースされたパチスロ機は、年齢を問わず多くの人から人気を博しました!

例を挙げると「AKB48」や「美空ひばり」、「アタックNo.1」や「仮面ライダー」など、皆さんになじみのあるものばかりです。ラインナップを見ると、確かに性別や年齢を問わずに人気があるものばかりですね。
また、この京楽産業では、2013年からパチスロ機もリリースされているんです!もちろんこのパチスロ機に関しても、周りからは高い評価を受けています。

このように、榎本善紀氏の就任後、京楽産業は多くのヒット機を生み出しました。今後の新製品にも期待が膨らみますね!

榎本善紀氏が目指す京楽産業とは?

数々のヒット機を生み出した榎本善紀氏ですが、彼は「世の中の変化に伴って、京楽産業も成長していく必要がある」という考えを持っています。というのも、世の中が速いスピードで変化するように、パチンコ・パチスロ機のあり方も常に変化するからです。榎本善紀氏は、こうしたニーズにはいち早く対応し、質の良いサービスの提供が必要であると考えているのです。

つまり、榎本善紀氏率いる京楽産業は、業界をリードする企業として従来のパチンコ・パチスロの枠にとらわれない活動と挑戦をし続けているのです。

おわりに

以上が京楽産業についての調査まとめでした!
パチンコに限らず、性別や年齢といった枠組みを超えて幅広い人たちに愛されるというのは、簡単なことではありません。
しかし、榎本善紀氏は何事にも前向きに取り組む姿勢と優れた企画力で、京楽産業という会社を大きく発展させたのです。私自身、パチンコやパチスロ機について詳しい知識を持ち合わせていなかったのですが、今回の調査で少しずつ分かることが増えてきたので、今は興味が湧いています!今後も多くの人たちに愛される会社として発展していけるよう、応援しています。

会社概要

社名 京楽産業.株式会社
設立 1961(昭和36)年8月1日
資本金 4,500万円
代表取締役 榎本善紀
所在地 〒468-0065 愛知県名古屋市天白区中砂町185
連絡先 TEL:(052)835-2211(代表)、FAX:(052)835-4411
事業内容 パチンコ・パチスロ遊技機の企画開発、製造、販売
公式サイト https://www.kyoraku.co.jp/

The following two tabs change content below.
注目社長編集部

注目社長編集部

PAGE TOP