小柳直人

鎌田豊彦弁護士にインタビュー!~これまでの生い立ちから、今後取り組んでいきたいことについてまで~

鎌田豊彦弁護士にインタビュー

育った環境を教えてください

生まれも育ちも東京都港区で、私が生まれた時には亡くなっていたのですが、祖父が虎の門で法律事務所を開いていた関係で、出入りする知人も法律関係の方が多く、私自身も法律というものを身近に感じる環境で育ちました。

印象に残っている幼少期のエピソードを教えてください

昔からおっちょこちょいなところがあったのですが、一回頭を思い切りぶつけて入院したことがあるのですが、それが生まれて初めて入院したというエピソードですね。

その時の病院食がハンバーグだったのですが、実はそれが生まれて初めて食べたハンバーグだったのです。

本当に変な話ですが、とても印象に残っています。

病院食がハンバーグだったのですか?
そうです。

当時は昭和30年代頃だったのですが、本当にいい思い出です。

どんな子どもと言われていましたか?

大人から見ると、おとなしくていい子だったそうです。

運動神経はあまりなく、そこまで活発ではありませんでしたが、家にある児童文学の本を読むのは好きでした。

特に日本神話やシャーロックホームズが好きでしたね。

一番興味のあったことは何ですか?

活字を読むことでしたね。

分野で言えば、時代小説などの歴史的な傾向のあるものが好きでした。

日本史や世界史に関するものも好きでしたし、よく読んでいたので、学校のテストでは良い点数をとっていたのを覚えています。

子どもの頃描いていた将来の夢は何でしたか?また、その理由について教えてください

やはり歴史が好きでしたので、学者になることを夢見ていました。

途中で、自分には向いてないなと思ってやめてしまいましたが、子どもの頃は学者にあこがれていたことをよく覚えています。

今後、取り組んでいきたい事などありましたら教えてください

地道に依頼を受けて、きちんと1つ1つ対応していきたいですね。

依頼者の悩みを解決してあげたり、色んな形で活動していきたいと思います。

やはり身近な人の個別の紛争を解決していくことで、社会の安定に寄与できればいいですね。

それが今の自分にできる活動ですから。

The following two tabs change content below.
とくりん

とくりん

ライター歴7年。日々勉強中。趣味はサウナでの精神統一。

  1. 品川国際法律事務所
  2. 高瀬孝司弁護士
  3. 戸谷雅美
PAGE TOP