FES株式会社

FES株式会社代表、木村真束氏に突撃インタビュー!

FES株式会社とは?

FES株式会社は、2011年1月13日に設立した京都に所在地を置く会社で、主な事業内容として、立体造形物の製造・販売を行っています。

この立体造形物というのがどういうものかというと、例えばアミューズメント施設にあるアニメ・映画に登場する実物大や巨大なフィギュア、機械仕掛けのカラクリを内包する動く立体物。ショッピングモールのような施設では看板やシンボル、ショーウィンドウのディスプレイを飾るキャラクターとその周りを彩る背景小物類。博物館でのジオラマ、美術品のレプリカなどを含む展示物。コンサートや舞台演劇で演出の一端を担うステージセットの一部などがそれにあたります。

では、同社はどのようにして、立体造形物を作っているのか? それは、最終希望サイズに合わせて形作った3Dデータを、プログラム化し、このプログラムに応じた軌道でEPS(発泡スチロール)をロボットで削り出し、それを立体物の原型とします、ここから樹脂ガラス繊維を用いて型取り成型し、仕上げ加工・塗装を経て製品は完成します。

また、フェスで製造する製品は、いわゆる量産品ではなく、ほとんどの場合がワンオフの一点物になります。ここで重要になってくるのが知識と経験を積み重ねた職人の技術です。この手作業の成果如何がお客様の満足度を左右するのです。

こうした製造物に一切妥協せず、商品を提供し続けるFES株式会社の代表者こそ、今回ご紹介する「木村真束氏」です。

木村氏は顧客からの要望にはすぐに応え、納得がいくまで修正する姿勢を貫いており、商業彫刻だけでなく、これまで数多くの有名近代アーティストと協力して作家作品創作の協力もしてきました。

では、そこまで作品のクオリティにこだわる同氏は、いったいどのような人物なのか?

この記事では、木村真束氏の生い立ちから、今後、取り組んでいきたいことについてまで、ご本人に直接伺いました。

育った環境を教えてください

私は、6人家族の長男として生まれました。

小学校の5年生まで奈良の山のふもとの一軒家に住んでいて隣近所がなく周りは自然ばかりでした。6年生の時に京都の街中に引っ越してきました。

2歳下の妹、7歳下の弟、9歳下の弟がいます。九州に住む祖父は版画家で祖母はレザ―クラフトをしていました。父親は奈良時代の宝物を調査研究する国家公務員でした。祖母と同じように母も革で色々なものを家で作っていました、ロウケツ染めをしたタペストリーや花器、その他色々な小物を革で細工しているところを傍で見て育ちました。

印象に残っている幼少期のエピソードを教えてください

物心のついたころから喘息を患っており、体を強くするために一年を通して半ズボンで真冬でも靴下もなしという小学生時代を過ごしました。

幼稚園の年少組の時、その集団下校時に野良犬を追いかけていて、足を滑らせお腹を強打、腸が破れ2度手術を受け、生死をさまよったことがありました。

小学校5年生の時、祖父が主催する九州横断徒歩ホステリングに参加するよう命じられ、”これに参加しないなら九州に来ることならん”と祖父に言われ、泣く泣く6年生の1年間、夕方4キロの歩行訓練をして、その年に初参加1日25~56キロ2日間、翌年から3日で156キロ、年末年始の時期に参加5回完歩しました。

どのような性格か教えてください

基本的には楽観的な性格だと思います。何事にも大胆さと繊細さの両方が必要だと思っています。

幼少期の頃の将来の夢とその理由を教えてください

幼少期は俳優、(時代劇の切腹の真似がうまいと家族に言われたため)。小学校6年時は考古学者、(発掘調査の光景が、大好きだったプラモデル作りに似ていて親に喜んでもらえそうだったため)でした。

今後のビジョンを教えてください

自身の家族、社員とその家族が幸せに暮らせるような仕組みを作りたいですね。

まとめ

FES株式会社代表、木村真束氏にお話を伺ってきました。

今でこそ、3Dデータから造形物を制作する会社社長として活躍している木村氏ですが、モノづくりの原点は小学校時代に手作りのランドセルを作ってくれた母親にあったとのこと。

木村真束氏は、今後さらなる事業の拡大を見据えており、顧客のミニチュアをスキャンして修正する業務の拡大、ロボットを制作工程に導入して多方面で活用する方向性を持っています。また地球環境や社会貢献にも力を入れていく方針で、ISOの取得や災害地における新しい仮設住宅の開発、さらには地元京都における雇用の拡大も積極的に推し進めていくことでしょう。

今後もFES株式会社の活躍から、目が離せません。

会社概要

商号 FES株式会社
本社所在地 京都市左京区北白川南ケ原町1-388
代表取締役 木村真束
設立 2011年
公式サイト
http://fes.kyoto.jp/
事業内容 発泡スチロール造形及び成型 FRP造形物製造 販売
The following two tabs change content below.
とくりん

とくりん

ライター歴7年。日々勉強中。趣味はサウナでの精神統一。

  1. 清水貴久
  2. kikuchikazuhiro
  3. 守屋祐生子氏
  4. ステージプランナー
  5. 広尾学園理事長の池田富一氏
  6. 諸崎浩幸
PAGE TOP