デジタルクエスト
  • IT

株式会社デジタルクエスト代表、鮫島洋幸さんに突撃インタビュー!

はじめに

皆さんは、株式会社デジタルクエストをご存じですか?
デジタルクエストは、コンテンツ事業をメインに行っている会社です。
設立は2014年と割と新しい会社ですが、多種多様な開発実績を誇っているようです。

コンテンツは、自社サービスはもちろん、受託サービスも取り扱っています。
今回は、そんなデジタルクエストの代表を務める鮫島洋幸さんにインタビューを行ってきました!

育った環境を教えてください

両親と兄と私の4人家族で、中学卒業までは九州各県を転々としていました。
父は公務員で、慎ましくも不足のない生活を送っており、当時の日本の標準的な家庭を絵に描いたような暮らしぶりだったと思います。

印象に残っている幼少期のエピソードを教えてください

幼少期から父の仕事の都合で転校を繰り返していました。
だいたい3、4年おきに転校になるわけですが、慣れた環境を離れ友達と別れる寂しさを感じる一方で、いつも新しい環境への期待やワクワク感を持っていたのを覚えています。

どんな子どもと言われていましたか?

今思えば、自立心が強かった方だと思います。
親や周囲から「勉強しなさい」みたいなことを言われたことは一度もありませんが、言われなくても毎日机に向かっていたのを覚えています。

一番興味のあったことは何ですか?

読書(マンガや雑誌含む)量は多かったと思います。
ミステリーや小説をよく読んでいました。

子供の頃描いていた将来の夢は何でしたか?また、その理由を教えてください

弁護士に憧れを持っていたのを覚えています。
当時は弁護士の何たるかを分かっておらず、「正義の味方やっておカネ稼げる」という浅はかな考えでした。

今後、会社としてどのようなことに取り組まれていきたいですか?

事業としては現在の2本柱(コンテンツ事業と受託事業)をさらに発展・拡大させながら会社業績を成長させることを必須のことと考えています。
さらに、「デジタル社会の探究者たらん」というのが当社名の由来でもあるので、変化の著しいIT、デジタル社会の中で新たなチャンスを掴んでいきたいと考えています。

まとめ

以上が、株式会社デジタルクエスト代表、鮫島洋幸さんへのインタビューでした!

お話を聞いていると、新しい物事に対しての適応力、探求心がある方だなと思いました。
そしてそれは、幼少期から鮫島社長が培ってきた強みであり、その強みがあるからこそ、デジタルクエストという会社をここまで引っ張ることができたのかな、とも思いました!

株式会社デジタルクエスト、そして鮫島洋幸さんの今後のご活躍を期待しています!

会社概要

社名 株式会社デジタルクエスト
所在地 〒150-0002 東京都千代田区神田佐久間町2丁目20 翔和秋葉原ビル5F
代表取締役 鮫島洋幸
設立 平成26年1月6日
公式サイト https://www.digiq.co.jp/
事業内容 コンテンツ事業
The following two tabs change content below.

  1. 池田公太
  2. ペイターズ 社長
  3. 岩松 勇人
  4. 米井聡
PAGE TOP