育った環境を教えてください

秋田県、白神山地のふもとの、山と川と海のある豊かな自然に恵まれた田舎で育ちました。

家族は両親と祖父母、姉の6人家族。父が本家の長男だった事もあり、よく親類の人達が色んな食べ物を持ってきてくれたり、両親の職場の教職員たちも気軽に家に立ち寄って食事をしたり、いつも色んな人達が出入りする環境で育ちました。

秋田県の白神山地というと、国から保護の指定を受けている土地ですよね。

そうです。山の方といっても白神山地も広いですから、麓からかなり離れたところに家がありました。

でも、白神山地の景色は見えるところでしたね。

印象に残っている幼少期のエピソードを教えてください

かわいがっていた子猫が行方不明になり、深夜3:00頃から起きて近所を探し回る日が続き家族や担任の教師に心配をかけたことです。

猫にまつわる話が多く、親戚や周囲の人の間で有名だった大のネコ好きです。

猫は今も飼われているんですか?

一匹、飼っていますよ。

拾った猫ですけどね・・・。
首都高の高速道路の上で拾ったんです。
あんなところで猫なんか、絶対拾いませんよね。

ハザードを前の車が連続して付けていたんです。
「あっ渋滞なんだ」って思ったんです。
そしたら前の車がどんどん追い越していって、最後トラックが止まっていたんです。
それで、そのトラックが止まっているから皆ハザードを付けていたのだとわかりました。

そして私もその後ろまで来たんです。
そしたら運転手がトラックから降りてきて、子猫を荷台から掴んで脇にピョンと置いて行ってしまったんです。

それで「えっ、なんだこれは!」って思って。

あんな事したらすぐ子猫がピョンと来ちゃうでしょ。
そしたら案の定来たんです。
そして車を降りてタイヤの下にいたその子猫を同乗していた姉がすぐに乗せたんです。
それが今いる猫で「ラッキー」って名前をつけました。

それから10年以上一緒にいます。

どんな子どもと言われていましたか?

やんちゃで落ち着きがなく、「窓ぎわのトットちゃん」みたいな活発な子と言われていました。

授業中も外の景色をみたり別の事を考えたりしていて、明るく元気で自分の考えや意見をはっきりとまとめて言ったりしていましたね。

一番興味のあったことは何ですか?

猫や犬の事。庭づくり。
高校生の時は演劇部で金槌やのこぎりをもって舞台のセットを作っていました。

舞台のセットも作っていたんですね。

演劇をやっていた時にやっていました。

舞台のセット一個作るのにどれくらいかかるんですか?

だいたい1~2か月くらいですね。

高校生の時、演劇部に入っていました。
そのあとはそのまま社会に出て、会社勤めをして、その後でまた舞台の仕事をしましたね。

蜷川(にながわ)幸雄さんっているでしょ、あそこの一期生だったんですよ。
すごいスパルタでしたね。

高校生の時は、市内に高校が5つあって、5つの高校の演劇部の人たちが5つの演劇をやるんですよ。

それで競い合うんです。
その時のセットを私が作っていたんですけど、そのセットの賞を獲りましたね。
高校2年生の時です。

賞までとられていたんですね。

そうです。私は装置で獲りましたね。
本当に演劇は面白いものだと思います。

じゃあ結構力入れられていたんですね。

いや・・・結構いい加減で。
やる時は集中してやりますね。

今もやられているんですか?

今はやっていません。

一般の人が演劇の台本を読んだり、発表会をやって楽しんだりはしています。

子供の頃描いていた将来の夢は何でしたか?また、その理由を教えてください

守屋祐生子氏

お母さんになることでしたね、家族が気持ち良く幸せに過ごせるように居心地の良い家をつくる料理が上手なお母さん。

手作りの物に囲まれ、いろんな花を育てたり家庭菜園したりの、普通の生活が夢でした。
母が働いていたのが影響しているもかもしれません。

公式サイトに、「人々の健康と、健康を支える自然環境の保護を基本理念に、あらゆる場面で自然との共生、生命への回帰を提唱していきたい」と掲げられていると思いますが、その為に、直近で取り組んでいる事などありましたら、教えてください

社員の健康のために有機玄米と有機野菜を中心とした京懐石料理のお昼のお弁当を200円で提供しています。

有名な板前さんにお願いして、ひとつひとつ丁寧に作って頂いています。
若い時に自分が働いていた会社が社員にいつも本物を提供し大切にしてくれたことが影響しています。

会社概要

商号
株式会社アウレオ
住所
千葉県君津市かずさ小糸54-1
代表
守屋祐生子
設立
1997年6月